あごニキビは大人にきび

大人に成ると思春期の頃に比べてストレスも多くなる上に、生活習慣も乱れがちになります。その結果、ホルモンバランスも乱れることが多くなります。あごのにきびは、ホルモンバランスが乱れることが大きな原因と考えられます。また、加齢によって肌の水分量やコラーゲンが減り、肌は乾燥しがちになります。あごは、意外と皮膚が薄く、乾燥に弱い部分なのです。このような条件なのでニキビが出来やすい部分となっています。また、ストレスなどで起こる体内の不調がすぐに出てしまう部分でもあります。

そんなことから、あごに出来るニキビは大人ニキビと言われています。
思春期に出来たニキビとはちょっと原因が違ってくるのです。

大人ニキビって、何?

思春期の頃、ニキビで悩まされた人も多くいるのではないでしょうか?でもそのニキビは第2次成長ホルモンが原因だと考えられています。そのホルモンによって出てくるアクネ菌によりニキビができます。それにより思春期のニキビケア商品はアクネ菌に関するものが多いのです。思春期のニキビはTゾーンに集中することが多く、時の経過とともに落ち着いてくるものです。一方大人になってから初めてニキビに悩まされる人もいます。大人になると様々なストレスによるホルモンバランスの乱れ、そして加齢による乾燥、老化による肌のターンオーバー不足、メイク汚れなど思春期の時とは別の原因からニキビができることが多くなります。

こういった思春期ニキビとは違う原因のニキビを大人ニキビと言います。大人ニキビは、なかなか治りにくいと言われ、とても厄介です。また、心のバランスの乱れも原因の1つと言われているので一度できると何度も繰り返し出来たりします。

ホルモンバランスの影響

あごニキビの原因はホルモンバランスだということはお話ししました。どうしてホルモンバランスが乱れるとニキビができるのでしょうか?
ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがあります。男性ホルモンは皮脂の分泌を促したり、角質を厚くする働きがあります。バランスが崩れて男性ホルモンが増えすぎることにより、皮脂が過剰に出てしまい、毛穴に詰まってしまったり、角質が硬くなりターンオーバーしにくい肌になってしまいます。それが原因でニキビが出来やすくなってしまうのです。

男性ホルモンが多く分泌されることが原因ならば、女性ホルモンを増やすようにしたら良いのではないかと思ってしまいますが、女性ホルモンには皮脂の分泌を抑える働きがあります。女性ホルモンのおかげで、ハリやコラーゲンを手に入れたとしても、皮脂分泌がされ過ぎてしまうと乾燥を招いてしまいます。従って、両方のバランスが整うことが一番大切なのです。

間違ったスキンケアやスキンケア不足

大人ニキビを治すためにはどのようなケアが必要なのでしょうか?ニキビの原因が皮脂の分泌やつまりだと認識しているとどうしても油分を控え、しっかりと汚れを落とそうと考えがちです。しかし、それが逆効果となってしまうことがあります。ニキビは肌の乾燥も原因の一つと考えられていることを見落とさないようにしましょう。

油分を控えてしまうことで肌はさらに乾燥状態となってしまいます。また、しっかりと汚れを落とすために洗顔をしすぎたり、強い刺激のあるクレンジングを使ってしまうと肌を守る大切な角質層を壊してしまい、肌のターンオーバーが上手くいかなくなってしまいます。

更に肌が乾燥することで肌自体が水分が不足していると判断して、更に余分な皮脂を分泌してしまうこともあります。そうなってしまうと乾燥肌とオイリー肌の不安定な肌になってしまいニキビの原因となるのです。なので、大人ニキビのケアはしっかり保湿すること、そして洗顔をしすぎて皮脂を落としすぎないことが重要です。

また、あごニキビはどうしても髪や手が触れる機会が多いので、雑菌が付きがちになります。意識してあごを触らないようにすることもニキビケアになります。それから、大人ニキビのケアとして一番大切なのはストレスを溜め込まないようにすることです。なかなか、難しいことですが上手にストレスを発散するのが一番の近道と言えるかもしれません。

Scroll Up