妊娠中にあごニキビが目立つようになるって知っていましたか?なぜ妊娠中はあごのニキビに悩まされるのでしょうか?

主な原因はホルモンバランスの乱れにあり、特に妊娠中の女性の体は常にホルモンバランスが乱れている状態にあります。

では、妊娠中のあごニキビはどのようにしたら改善できるのでしょうか?

ホルモンバランスの乱れによって皮脂の分泌量が異常な状態になり、その皮脂の過剰分泌が原因でニキビが発生します。

そんな妊娠中のあごニキビに対して一体どのような対処を取れば良いのでしょうか?

今回は、妊娠中のあごニキビの原因とその対策についてご紹介していきます。

妊娠中のあごニキビの原因

妊娠中の女性は特に体内のホルモンバランスが乱れた状態にあります。そのため、体に様々な影響を及ぼすようになるのです。例えば、ニキビのような肌に出る影響はもちろんのこと、精神的な面でイライラしやすくなったりするといった症状も出てきます。しかし、女性として一番きになるのが肌の悩みではないでしょうか?
そんな肌の悩みの中でも妊娠中はあごニキビができるようになります。これは黄体ホルモンの分泌が盛んになることによって起こる症状で、黄体ホルモンは男性ホルモンと同じような性質を持っているため、黄体ホルモンの分泌量が増えると皮脂の分泌も増えます

特に男性で言うところのヒゲが生える周辺は、皮脂が集中しやすくニキビが出来やすい環境になっています。特に妊娠中のあごニキビは妊娠初期症状であり、妊娠中期以降になってくると徐々に改善していきます
あごニキビは間違ったケア法を続けているといつまでも改善されず、治らないだけでなく繰り返し出来てしまうという悪循環も招いてしまいます。
そこで、今回のこの記事を読んで正しいケア法を学んでおきましょう。

妊娠時のあごニキビの改善法

妊娠時にできるあごニキビの原因として主なものはホルモンバランスの乱れと説明しましたが、もう一つ重要なことがあります。それが栄養の不足です。
赤ちゃんに影響を届けようとするため、母体の栄養が少なくなり肌の維持など優先順位の低いところから栄養が行き届かなくなってしまいます。
そこで改善法で一番最初に取り組みたいことは栄養をしっかり摂ることです。特にビタミンA、B、Cを中心としたビタミン類や、コラーゲンなど肌にとって重要な栄養分はいつもの2倍意識して摂ってみると良いでしょう。
ただし、ビタミンは摂取しすぎると体に不調をきたすのでご注意ください。
そして、日常生活も見直して栄養バランスの摂れた食事を心がけてみてはいかがでしょうか?

もう一つ気にかけたいのが生活習慣です。
ただでさえホルモンバランスが乱れている状態で生活習慣が乱れてしまうとさらにホルモンバランスが乱れてしまう可能性があります。そこで最低限バランスを維持するためにも日常の生活はしっかりとリズムよくするようにしましょう。特に、睡眠は重要でホルモンバランスだけでなく様々な体の状態維持にとても大切なものです
生活全体のバランスを見直してみることで、あごニキビを中心に様々な妊娠時の悩みが解決するようになります。

まとめ

妊娠時にできるあごニキビの原因は主にホルモンバランスの乱れで、それと同時に栄養不足も懸念されています。改善するためには、まず栄養をしっかりと摂るようにし食生活を見直してみましょう。次に、ホルモンバランスを少しでも整えるために他の生活習慣もしっかりと見直しておくことが重要になってきます。

栄養に関しては、母体が摂取して構わないものとダメなものがあったりもしますので、医師と相談して栄養バランスを考えることをお勧めします。

Scroll Up